最新記事一覧

お墓無しで供養する方法

合掌

利用するメリット

以前は、身内が亡くなるとその家のお墓に遺骨を納骨するのが主流でした。しかし、核家族が進んだ近年では亡くなったあとお墓を守る後継者がいない方が増えており、せっかくお墓を建てても無縁墓になってしまう場合もあります。また、東京を含む霊園では後継者の存在が必須条件となっているので、身寄りのない方は霊園を利用することが難しい状態です。このような理由から急速に需要が伸びたのが納骨堂です。納骨堂とは、遺骨を納める施設のことで宗教団体や民間企業が運営母体となっています。整然と並んだコインロッカ型のスペースに遺骨を納め、供養や管理は業者が行ってくれます。納骨堂は室内にあるので、紫外線や雨風で汚れたり傷んだりすることがなく、お墓のように掃除をする手間もかかりません。しかし、初期の納骨堂はスペースが限られていたため、お花を供えたりお線香をあげたりすることができませんでした。そこで、仏壇型やお墓型の納骨堂が作られるようになり、供養に訪れる身内の方から喜ばれています。本来、納骨堂は一人用のものでしが、東京では家族用の納骨堂も増えています。家族用には夫婦やパートナー、親子、兄弟などが入れるようになっており、人気が高まっています。納骨堂はお墓を買う必要がなく、永代供養料と管理費を払うだけで利用できます。また、東京の納骨堂はホテルのロビーのような雰囲気のところもあり、遺骨が納められているとは思えないほどです。東京には数多くの納骨堂がありますので、足を運んでみるのもよいでしょう。