最新記事一覧

都会向きの埋葬スタイル

数珠

参詣に便利な地に建つ

東京は世界的に見ても屈指の過密都市であり、土地を確保するのは非常に大変です。住宅用の土地はもちろん、物故者の住まう場所すなわち墓地の確保も簡単ではありません。東京でも郊外に出れば結構な数の霊園を見つけることができますが、多くは都心部から遠く隔たっており、街中に暮らす人にとっては利用するのに不便です。そんな東京で、最近になって需要が増えているのが納骨堂です。納骨堂は、1つの建物の中に数十、場合によって数百単位の遺骨を納めることのできる施設でで、通常のお墓を戸建て住宅とすると、故人のためのマンションに相当すると言えます。納骨堂は都心部の交通至便な地域に設置されている場合が多く、家族にとっては参詣しやすいという利点があります。また、地理的な近さが心理的な近さに通じることで、故人に対する親愛の情を長く保ち続けられるというメリットもあります。納骨堂は土地を占有しないため、通常のお墓に比べると諸費用が低めに設定されているのが一般的です。東京の場合、初期費用の平均的な価格は50〜60万円程度です。ただ、実際の支払額は施設の仕様等に応じてかなりの幅があり、数万円で済む場合もあれば100万円を超える場合もあります。この他、たいていの納骨堂では管理料が必要となります。こちらの費用相場はおおむね年間1〜2万円です。中には初期費用と合わせて管理料を一括で前払いできる施設もあります。家族に負担をかけたくないといった人たちを中心に人気があり、生前に自ら利用を申し込む人もいます。