最新記事一覧

多様化する埋葬

墓

都立だけでなく民間も

霊園によって宗教や宗派は異なりますが、通常の埋葬の形だけでなく、樹木葬を取り入れているところも増えてきています。樹木葬とは多摩地域をはじめとした山間部の決められた土地に、亡くなった方の遺灰を埋葬して樹木をシンボルとする埋葬の形です。通常の埋葬よりも自然環境に優しいことや、おひとり様・夫婦だけの永代供養を希望している人に好評といわれています。それ以外で多摩周辺の霊園内にある埋葬方法としては、合葬施設を活用している人や施設も増えてきました。合葬施設では管理手数料がいらない事や、生前におひとり様や夫婦だけでの埋葬を希望できる事から、人気が高まっています。ライフスタイルや価値観に合わせ、多摩周辺の霊園でも埋葬の形が多様化している為、将来のお墓について家族で話し合うことが必要です。実際に昨今では親が樹木葬や合葬を希望し、子供たちに墓を守らせることを避ける家族も増えてきているといいます。多様な埋葬スタイルを選べるようになっている為、生前に家族で話し合い、納得できる形の供養ができるようになりました。何度か霊園を確認し、多摩地方でもどんな形で埋葬されたいのかを話し合う夫婦や家族が、年々増加しています。埋葬の多様化は都立の霊園ばかりでなく、民間企業や周辺の施設でも多様な形での埋葬が可能となってきました。このため、多摩地域での埋葬を希望する場合、多くの施設の見学会に参加し、抽選に応募する家族も増えてきているといいます。